ライフクリーナークリーニング利用約款

[会員登録]

第1条

(1)当店をご利用頂くお客様は、原則として会員とさせていただきます。

(2)常時何らかの方法(電話・携帯・メール等)で双方向の連絡が取れる方。会員約款にそって、ご利用いただける方とさせていただきます。

[利用方法とお断り]

第2条

(1) クリーニング(以下、CL)に出される前にはお客様の責任におかれまして、ポケットの中身の点検をお願いします。受付後、当社の検品でお忘れ物が見つかった場合、有用性があると判断したものをお返しします。当社判断による廃棄、返品無用品に起因する責任には応じられません。

(2)ホコロビ、キズ、スレ、小さな穴、生地傷みなどCL中に衣類の損傷・劣化がすすむ場合があり、工程途中でお返しする場合がございます。その場合、お約束納期のお渡しができない場合があります。お急ぎ品ほどよく点検してお出し下さい。

(3)上下対の商品は、必ず一緒にCLにお出しください。どんなに染色がしっかりした商品でも、CL回数によって色合いが変化してきます。また長い反物からなる染色工程時点で上下対でも染色堅牢度の誤差から色味に差異が生じてくる商品もございます。

(4)シミの種類や付けてしまった日付等が分かればお申し出下さい。落ちやすいシミでも日数が経つと酸化して落ちづらくなります。また乾くと無色透明化するシミなど、その種類によっては数ヶ月着用後又は保管後、CL工程中に浮き出てくるものや変色するものもございます。

(5)店舗、工場は長期の保管には適しておりません。作業所内は照明を使いますのでこの照明の長期照射の影響で変退色を起こす原因にもなります。事故防止のためこちらからお引き取りのご催促をさせて戴くこともございます。

(6)当社からの連絡の有無に関わらず、お預かり日より1年を経過した場合、またはお渡し日より6ヶ月を経過した場合、以降そのご依頼品の当店CLにもとづく毀損、汚損、滅失、又は盗難火事等によって生じた損害についての責任は負いかねます。

(7)お渡し予定日より3ヶ月を過ぎた商品は、1点につき1日50円の引取り遅延料を申し受けます。

(8)ボタン・ファスナーや部品が紛失や損傷により欠けた場合で、同一のものが入手困難な場合、類似品による付け替えにて対応させていただきます。ワイシャツや作業着のボタンはその性格上消耗品として、紛失、破損の場合当社規定によるボタンに付け替えさせていただきます。

(9)類似品の付け替えにご納得いただけない飾りボタンやブランドボタン、貝ボタン、くるみボタン等の特殊ボタンまたは装飾品は必ず外してからご依頼下さい。これらは洗えないものが数多くあります。衣類についている品質表示に洗えるとなっていても、これらのものに対しての表示でないものも多くなっております。よってこれらの紛失、欠損は補償対象外となります。

(10)商品お受取時には店員との受領点数確認を必ず行って下さい。お渡し後のお申し出はお受けできません。

(11)預かり伝票は失くさずお持ち下さい。預かり伝票なきものはご利用者確認等所定の手続きの上のお渡しとなります。

(12)お客様の商品は全て番号本タグで管理しております。番号本タグ取り外し後や取扱の不正が見受けられた場合のお問い合わせはお受けできません。

(13)当社のクリーニングシステムは、番号本タグ及び店印による商品管理のため、商品の目立たない場所にホッチキス、安全ピンの針穴、マーキングが入りますのでご了承ください。

(14)店頭やお客様宅等において、大声を上げたり、店員や他のお客様にご迷惑や恐怖感を与えたと取られる行為が見受けられた場合については、暴力団関係者の判定を得ることなく当社判断で110番通報、もしくは担当機関に相談させて戴く場合がございます。

(15)衣類品は消耗品であり、永久的に購入時の品質が保たれるものではありません。受付商品により耐用年数、着用度合い、保管状態による経年劣化及び形状変化が生じます。CL後の風合いの変化等のお客様の主観的なお申し出があった場合、当社判断にて対応させていただきます。但し番号本タグ付商品に限らせて戴きます。

(16)経済産業大臣の承認番号の記載されている日本の衣料品品質表示のないものは補償致しかねます。

(17)人工皮革(ポリウレタン・塩化ビニル)・プリント商品は製造日から3年以上が経ちますと劣化がすすみ、着用できなくなる場合があります。

(18)商品不具合の原因が専門機関の鑑定もしくは繊維製品品質管理士の鑑定の結果、商品にあり、メーカーがその商品保証をしないとき、またはそのメーカーが廃業、移転等で連絡がとれず保証先がないときは補償致しかねます。

(19)お渡し後商品は、必ずポリ袋から出して、高温多湿、ストーブのガス、紫外線、蛍光灯を避けて保管してください。ガスや湿気等により、変退色、形状変化等劣化の恐れがあります。

[事故賠償規約]

第3条

(1)万一、賠償事故が発生した場合の賠償基準は、学識経験者・消費者連合会・主婦連合会・消費生活センター・CL業者の団体で定めた全国生活衛生営業指導センターのクリーニング事故賠償基準に基づくものとします。

(2)精神的慰謝料や無形的損害賠償には応じられません。

(3)台風、地震などの自然災害、及び不可抗力による事故は免責となります。

[事故原因所在]

第4条

(1)CLの事故原因所在は次の3つに大別されます。

(ア)CL処理方法及び取扱い方法に過失がある場合 (イ)アパレル又はメーカーの企画・製造等に過失がある場合 (ウ)お客様の着用方法及び保管方法等に過失がある場合

[賠償範囲]

第5条

(1)当社が事故賠償の責に応じられるのは、次に示す第4条(ア)の内容です。

a. CL洗浄による損傷 b. シミ抜き工程による損傷 c. プレス仕上げによる損傷 d. 不明及び紛失 e. その他の原因による損傷につきましては、繊維製品における専門機関の鑑定もしくは繊維製品品質管理士の鑑定による判断に基づくものとします。

[賠償対象外]

第6条

(1)次に示す第4条(イ)(ウ)の原因所在に関しましては、賠償の責に応じかねます。

(イ)アパレル又はメーカーの企画・製造等に過失がある場合ー

a. 経年劣化及び変化の著しい素材で企画・製造された商品(ポリウレタン加工等) b. 色堅牢度の弱い素材で企画・製造された商品 c. 接着方法に問題のある素材、接着剤で組み合わされ企画・製造された商品 d. 熱セット性が弱い生地で企画・製造された商品(プリーツ加工やシワ加工等) e. CL方法がまったく異なる素材で組み合わされ企画・製造された商品 f. 組成表示や洗濯表示に誤記が見受けられる商品 g. 表示責任者の名称と連絡先の表示がない商品 h. 通常の使用に耐えない素材で企画・製造された商品 i. 通常のCLに耐えない素材で企画・製造された商品(洗濯表示が全て不可表記商品・スパンコール・刺繍・ビーズ・プリント剥離・装飾品の破損・ボタン等の欠落及び破損を含む) j. 縫製撚糸の弱い商品によるほつれやほころび k. その他企画・製造等に起因する事項

(ウ)お客様の着用方法及び保管方法等に過失がある場合ー

a. 化学薬品等による変退色や脱色が見受けられる商品(整髪剤・パーマ液・洗剤・漂白剤・バッテリー液・排気ガス等の付着によるもの) b. 汗や日光・照明による変退色や脱色 c. 着用時に発生した破れ・ほつれ・糸引き等 d. ボタン・装飾品の欠落及び破損 e. 使用者保管中の破損 f. 経年劣化による風合い変化、伸縮許容範囲の伸縮等 g. 組成表示・洗濯表示・表示責任者タグ(メーカータグ)のいずれかが欠落した商品 h. その他これらに類する着用者による事故

[賠償条件]

第7条

(1)第5条に基づく賠償条件としては以下の通りです。

a. お渡し日より6ヶ月以内に番号本タグ付商品に事故が判明してお申し出戴いた場合、もしくは当社が事故扱いと認めた場合に限ります。従ってお渡し日より6ヶ月を経過した場合、責任は負いかねます。

b. 補償時必要となります商品購入価格については、購入時の領収書・レシートを必要とします。それ等が紛失、又は手元にない場合につきましては、商品製造年月日を基準としたメーカー調査を行い、当時の参考価格を元に購入価格を決定させて戴きます。メーカーと連絡が取れない、又は商品の確認がとれない場合につきましては都度協議の上、決定させて戴きます。

c. 時価を超えての補償、商品への付加価値には応じられません。

d. 商品の賠償に応じた場合、当該損害弁償品の返却及びCL料金の返却には応じられません。ただし、第4条(ア)の場合に限り、CL料金は返却させていただきます。

e. 形見の品やプレゼント品、プレミア品、お客様による仕立て品など入手困難な状況にある商品の受付は、原則としてお断り致しますのでご了承ください。また購入価格1点10万円を超す商品は依頼時にお申し出下さい。ご指定が無かった場合は、上限10万円となります。

f. メーカーが製造物責任に任ずるように、お客様に代わって事故賠償交渉を弊社が行う場合もございます。

[約款内容の変更]

第8条

(1)当約款は、会員に事前の通知をすることなく、本約款の内容又は名称を変更することがございます。この場合の利用条件は、商品お預かり時点の会員約款によります。約款内容変更にあたって、会員にその旨を広く周知する努力をするものとします。

[協議内容]

第9条

(1)本約款に記載無き事項及び本約款の条項の解釈につき疑義を生じた事項については、お客様と当社担当員において相互信頼の精神に基づき、協議の上、円満に解決を計るものとさせて戴きます。二者間において問題解決が難しいと判断させて戴いた場合には、公正中立な第三者機関に、法的手続きを申し出る場合がございます。

[合意管轄]

第10条

(1)お客様と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、当社の本店所在地である大阪地方・簡易裁判所を専属裁判所とさせていただきます。