クリーニングの流れを知ろう

お預かりした衣類をどのように仕上げ、お客様の元へとお届けするかをご紹介します。

①受付

お客様の氏名・連絡先、お預かりしたものの点数・種類、シミなどがないか、加工オプションなどの確認をします。

 

②検品

お預かりした品物の汚れ・ほつれ・ボタンの有無などを細かくチェック。

③選別

素材や汚れの種類に応じて前処理・ドライ・水洗いなど、どの工程に進めるかを選別します。

④前処理

部分的に汚れがひどい箇所を落としやすくするための事前の処理を施します。

⑤洗浄

素材・汚れの種類に応じた洗浄を行います。

《ドライクリーニング》水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を有機溶剤(石油系・塩素系)を使用し洗浄します。デリケートな素材(ウール・カシミヤ・シルク・レーヨン等)に適しています。

《ランドリー》高温の水(5070)と洗剤・助剤(アルカリ剤・漂白剤・酵素)を併用して洗うクリーニングです。ワイシャツ・シーツ・白衣・作業服等に適しています。

《ウェットクリーニング》本来ドライクリーニングしないと収縮したり、色落ちしたり型崩れする衣類を手洗いのように水洗いする方法です。

⑥シミ抜き・再洗い

適切なクリーニング処理をして、残ったシミ・汚れの後処理をします。汚れ落ちが不完全衣類を再洗いします。

⑦乾燥

乾燥機や自然乾燥で、衣類に合わせた適切な乾燥をします。

⑧仕上げ

衣類に合った適切な仕上げ方法(専用機、手仕上げ)で衣類を仕上げます。

⑨検品・包装

完成した衣類を最終チェック(点検)、包装をして、完成させます。

⑩お渡し

仕上がった衣類をお客様にお渡しします。