福間真智子 田中桂子 永野順子 北川知子

STAFF INTERVIEW ¦ ライフクリーナーのお仕事を紹介します。

福間真智子 田中桂子 永野順子 北川知子

クリーニング仕上げの品質を支える生産スタッフ、4人。 ライフクリーナーの職場事情、ぶっちゃけます!

子育て中や子育てがひと段落した方など、多くの女性が主婦としての目線・経験を活かして活躍中!

福間:前職もクリーニング仕上げをしていましたので、その経験を活かそうと思い入社。
   現在は工場内で、ドライ仕上げを担当しています。
田中:以前、アパレル関係の仕事をしていまして…。
   子供もある程度大きくなったので、服に関する知識を活かしながらも、
   違った視点からできる仕事内容に興味を持ち、志望しました。
   入社したばかりの時は、ただただ業務についていくことに必死で。
   無理だな、と思う時もありましたが、周りのサポートで、今日まで働けています。
北川:子供が小学生ぐらいになると自分の時間ができるようになるんです。
   そんな時、新聞の折込にライフクリーナーの求人が出ていて。それで応募しました。
   今は、カッターの仕上げを担当しています。
永野:とにかく入社して最初は覚える事も多いので、それだけで一杯いっぱいだったんですよね。
   私はクリーニング工場を見るのも始めてだったので、なおさら。
   機械の迫力と工場の広さ、それに暑さにビックリしました。
田中:覚える事も多いのは今も同じ。カッタープレス担当として、まだまだ勉強中です。
   お客様に満足していただける仕事ができるように試行錯誤の毎日!
永野:カッタープレス(仕上げ)は、ほとんど機械での作業になります。
   機械ではキレイに入らない小さい物やビッグサイズ、ダブルカフスなどは、
   アイロンの手直し仕上げも必要なんです。
福間:私もカッタープレスの手伝いもしますが、主に水洗物シャツ、ドライ物シャツの仕上げを担当。
   常に仕上げの美しさを目指しています。

未経験で働き始めたスタッフからリーダーまで、チームとして同じ目標を目指す職場です。

永野:未経験から生産の仕事をいろいろ経験させていただいて、今はカッター部門のリーダーを
   任されています。もちろん作業もしながら、シフトを組んだり、時間管理なども担当。
   幅広い業務に携われています。
田中:リーダーを中心にのびのび仕事をさせていただいてる気がします。
   個人個人を尊重して任せてくれる職場。
   やりがいもあり、大変ありがたいと思っています。
福間:ライフクリーナでは、役職のある人もない人も全員が同じ方向を向いて、常に努力。
   繁忙期はとくに一致団結しますね。
永野:とにかくみんな真面目。
   同年代であっても、親子ほど年齢が離れていても、お互いの事をわかり合って、
   それぞれ個性を出しながら、笑ったり、怒ったり…毎日楽しく働ける。
北川:和気あいあい、ですよね。
永野:そう、和気あいあい!
田中:みんな責任感も強い。しかもチームワークは抜群!
   お互い声を掛け合い、励まし合える職場だと思います。
   やはり何年も長く勤められるには、人間関係が良い事が一番、ですよ。

入社直後の研修から技能コンテストまで働きながら成長できる環境が整っています!

福間:ライフクリーナで働いていると、仕事をしながら成長を感じられるのが嬉しいですね。
   仕事に育てられている、という感じ。
永野:クリーニングの知識も働きながらどんどん増えていくし…。
福間:技能コンテストなどもあって、
   自分が所属している工場以外の生産スタッフの仕上げ方も勉強できますし、
   優れた技術を持っている方の丁寧な指導も受けられます。
北川:たとえ業界未経験で入社しても「50時間研修」の他、教育体制もしっかりしていますしね。
永野:やる気さえあれば、リーダーなどへのキャリアップも可能。
福間:仕事に真剣に向き合って努力していればキチンと評価してくれる会社でもあります。
   大切なのは、お客様への誠意と、技術に込める職人としてのプライド。
田中:明るく楽しい職場で、これからも品質UP!を頑張りましょう。

【私はこうしてキャリアUP!】

〈長野〉 ◆生産スタッフ/たたみのみ担当→生産スタッフ/仕上げ(プレス)担当→生産スタッフ/
     仕上げ(プレス)リーダー

福間真智子 2006年入社 生産スタッフ/ドライ仕上げ担当

田中 桂子 2004年入社 生産スタッフ/カッター生産担当

   永野 順子 2002年入社 生産スタッフ/カッター仕上げリーダー

 北川 知子 2004年入社 生産スタッフ/カッター仕上げ担当

  • STAFF INTERVIEW. vol.001
  • STAFF INTERVIEW. vol.002